ジュースクレンズの効果と通販ランキング

ジュースクレンズの通販ランキング

ジュースクレンズの魅力はなに?

 

ジュースクレンズは一種のデトックスであり、100%のジュースを飲むことで体内の老廃物の排出を促進するものです。ジュースクレンズの「クレンズ」とは、「洗浄」という意味を持った言葉であり、文字通り体の中を洗浄することがジュースクレンズの目的ともいえます。体を浄化するジュースクレンズですが、ではそのジュースクレンズが目指す「クレンズ」とは何なのでしょうか。

 

ジュースで体内洗浄

 

ジュースを飲むだけで体内洗浄ができることについては少し不思議に感じられるかもしれませんが、ジュースクレンズとは内臓の働きを休めることがテーマとなっています。ジュースだけで生活をすることにより、その間は固形物を口にすることがない生活となります。内臓の中でも肝臓はエネルギーを作る、毒素を分解する、脂肪をためる、など様々な働きを担っています。

 

ここまで忙しく働いているのは毎日何らかのものを食べたりしていることがひとつの原因となっています。たとえば消化があまり良くないものを主に食べているという人であれば、さらに内臓への負担も大きくなるといえるでしょう。ジュースクレンズでは消化の良いジュースを飲むことで行いますが、これは内臓への負担を減らすことが目的となっています。

 

肝臓は有害物質の分解をすることがその役割のひとつではありますが、その働きが減ること負担を軽くすることができます。結果的に代謝の改善や脂肪の燃焼などといった効果が期待できるようになります。

 

なお、ジュースクレンズで利用するジュースは低温で圧搾した自然由来の野菜や果実を素材として作ります。期間についても数日間だけなので、手軽な方法で無理なくデトックスが実現できるのがジュースクレンズなのです。

 

体本来の働きについて

 

ジュースクレンズでは、体の機能が改善するといったメリットもあります。人間の体というのは、有害物質が取り込まれていても特に問題なく動かすことができるようになっています。

 

しかし、これは当たり前のようで実は驚異的なことであり、いつかはその影響がでないとも限りません。デトックスは人間の体が本来もっている機能を発揮させるという目的もありますので、文字通り体の中から美しくなれる効果があるといえるでしょう。

 

ジュースクレンズの効果をわかりやすく

 

様々な働きをもったジュースクレンズですが、腸内環境についても有効なものといえます。腸の内部には無数の細菌が存在しており、それらは「善玉菌」と「悪玉菌」とに大別されます。

 

腸が健康な状態にある時は、この善玉菌と悪玉菌との存在する割合のバランスがとれている時なのですが、悪玉菌の割合が増えてくると腸内環境の乱れへとつながります。

 

たとえば食生活や生活習慣の乱れが主な原因です。ジュースクレンズは、この乱れた腸内環境を整備してくれる働きをもっています。そこで今回は、ジュースクレンズと整腸効果について紹介します。

 

ジュースクレンズと整腸効果

 

ジュースクレンズを利用すれば固形物を摂取する機会が少なくなります。そのため、体内の老廃物の蓄積も少なくなっていき、腸内の環境も善玉菌優勢の状態になっていきます。

 

腸内では悪玉菌が少なくなると、善玉菌がしっかりと働くことができるようになり、便秘などのトラブルの解消にもつながります。体内の老廃物が排出されれば腸の内部もすっきりし、その働きもスムーズになっていきます。人間の健康というものは腸内環境と大きな関係を持っていますので、体の不調の改善にもつながります。

 

腸内環境改善に伴うメリット

 

腸内環境が改善されればその分免疫力の強化も期待できるようになります。免疫細胞は全身の中でも特に大腸周辺に多く存在しているため、腸の働きが改善されることで免疫細胞が活性化されることになります。免疫が強化されればその分体を守る働きも活性化しますので、その分病気になりにくい体を作ることができます。

 

たとえばアレルギーやインフルエンザなどといったトラブルについても免疫力を強化することで予防することができるほか、老廃物の減少から血液循環が改善され生活習慣病の予防も期待できます。

 

ゴボウで便通を改善

 

便秘に効果があると言われる食物のひとつにゴボウがあります。老化や糖尿病予防などに効果的な栄養が多いということでも最近は知られていますが、代表的な栄養は何といっても便通を改善してくれる食物繊維です。

 

日本人は、戦前は一日平均で20g以上の食物繊維を摂取していたそうですが、現代になると食べ物の選択肢が広がった結果、肉類が中心となり、野菜の摂取量が減って食物繊維を摂る量が減少しているそうです。

 

結果、厚生労働省が推奨する一日当たりの食物繊維の量である17g/日(成人女性の場合)を下回ることがほとんどとなっているそうで、今後もこうした傾向は続くと見られています。

 

食物繊維は健康を保つ上で重要な成分ですから、便秘の解消して便通を改善することをぜひ心がけてほしいと思います。便通が改善すると、生活習慣病やがんを予防する効果もあると言われていますから、絶対に損は無いのです。

 

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」といった種類があり、水溶性と不溶性のバランスをとりながら摂取しなければ効率よく便通を改善することができないそうです。水溶性食物繊維は、腸内で食べ物をゲル化した状態で包み込んで、体外に素早く排出する効果があります。

 

そのため、糖質や塩分、コレステロールなど、あまり吸収されてほしくないものをどんどん排除します。そして、ビフィズス菌などの善玉菌のエサとなるため腸内環境を整える作用があって、便通を改善して便秘解消効果が期待できます。

 

もう一方の不溶性食物繊維は水に溶けないのですが、保水性が高いために大腸で水を吸収して便を重くし、排便を促す作用があります。ゴボウはこうした食物繊維をバランスよく含みますから、便通の改善に高い効果があると見られており、健康食品の原料としても利用されることが増えてきています。

 

参考:便通を良くするサプリなら!ビフィズス菌が効く?

 

血糖値を下げるサプリメントがあるの?

 

昨今は健康志向の人が増えており、いわゆる「健康オタク」やサプリメントの利用をする人もたくさんいます。
そのサプリメントの種類についてもかなり多岐にわたっており、血糖値を下げることを目的としたものに限ってみてもかなりの量があるのではないでしょうか。

 

たとえばビール酵母やギムネマシルベスタ・桑の葉エキス・グアバ葉・バナバエキスなどがその代表的なものであるといえます。とはいえ、これらのサプリメントについての効果については個人差があること、そして薬ではない、ということは基本的な理解として持っておくと良いでしょう。

 

たとえば高血糖であることが気になって生活習慣の見直しを考えた場合、食事療法を最初に考えることになります。そのひとつとしてサプリメントを取り入れるというのも有効なものといえます。

 

しかし、サプリメントを取り入れたからといって食事療法をしなくても良くなるかといえば決してそのようなことはありません。あくまでもサプリメントというものは、食事療法を行いつつそのサポートをするという位置づけで利用するべきものとなっています。

 

食事療法そのものは確かに面倒で決して楽なことではありませんが、その食事療法の代わりとなるものではないことを理解しておきましょう。

 

加えて、先述のとおり「薬ではない」ということも重要です。たとえば病院で何らかの薬を処方されている場合、サプリメントだけでその薬と同等の効果があるかといえばこれもまた違う話です。

 

サプリメントは「栄養補助食品」ですので、これを取り入れたからといってすぐに何らかの効果がでるというものでもないのです。毎日の食事療法の補助的な役割を果たすことがサプリメントの役割であり、決められた食事療法は継続して進めることが大切です。

 

 

ウコンはうつ改善にも有効?

除毛クリームを使って黒ずみや背中の産毛の脱毛をする

 

女性にとって、背中の黒ずみも気になるところですが、産毛もとても気になってしまいますよね。背中に生えている産毛を剃ったりしていると、黒ずみが悪化してしまいやすくなりますので、更に悩みが深くなりかねません。

 

ですので、背中の産毛をどうするべきかと悩んでいる人も多いと思います。この黒ずみをケアしつつ産毛も除去していくことが出来るアイテムが販売されています。このようなアイテムを使って、黒ずみと産毛のどちらも解消できるように行動してみてもいいかと思います。

 

さて、この黒ずみと産毛のどちらも解消していくことが期待できるアイテムについてお話をする前に、産毛を除去する際に絶対にしてはいけないことからお話したいと思います。このような方法を避けることによって、悩みを深刻化しにくくしていきやすくすることが出来るでしょう。

 

タオルタイプで産毛の処理をすることが出来るアイテムが一番定番になっているのではないでしょうか?ボディタオルとして、お風呂で体を洗うときに使うと、体を洗いつつ背中の産毛も処理をすることが出来るようになっています。

 

ただし、確かに手軽に産毛の処理をすることは出来るのですが、摩擦をして毛を除去するというアイテムになっていますから、肌を傷つけてしまい、黒ずみが悪化しやすくなってしまいますので使わないようにした方がいいでしょう。

 

そして、同じく定番として使われていることが多いのは、ローラータイプになっている産毛除去グッズです。このローラータイプも、肌に刺激を与えてしまい、黒ずみが悪化しやすくなっていますからなるべく使わないようにした方がいいでしょう。

 

最近人気になっているのが産毛の脱毛をすることを目的にしている除毛クリームなのですが、除毛クリームであればなんでも良いというわけではありません。除毛クリームを使うのであれば、肌にあまり刺激を与えないものを選ぶようにしましょう。

 

また、敏感肌になってしまっている人の場合は、除毛クリームを使うことで、肌に炎症などが起きてしまう可能性があることも考慮をしておかなくてはならないでしょう。

 

これらのことも踏まえながら、色々な除毛クリームを見比べるようにして、自分に適している除毛クリームを見つけ出すようにしてください。もしも除毛クリームを使って違和感を感じたらしようを中断するようにすることも大切です。

 

ウコンはうつ改善にも有効?

 

ウコンに含まれるクルクミンという成分が、うつ病にも有効である可能性が高いそうですが、これはいったいどうしてでしょうか。ウコンに含まれているクルクミンはウコンの黄色い色を出している色素成分で、ポリフェノールのひとつです。

 

クルクミンは肝臓の解毒機能を高め、肝機能の向上の役割が非常に有名になりましたが、これがうつ病の人にも有効と言われています。

 

ある実験でクルクミンの摂取によって長期的な恐怖の記憶が脳内に残るのを抑制する効果があるということがわかりました。怖い思い出やトラウマが、時間と共に回復するのはよく言われていますが、クルクミンはそういった助けになるということです。

 

また、クルクミンには脳の伝達物質のモノアミンやアドレナリンを増やす作用があるということもわかっていて、これによって積極的な状態に脳を持って行くことができるのだそうです。しかも、科学的に作られたものではないため、比較的安全性も高いということから、今後様々な方面での利用が期待されています。⇒クルクミンサプリはこちら

 

うつ病の人はセロトニンという脳内物質が少なく、そのために気分が高まらないという問題が多く見られるのですが、その材料となるトリプトファンというアミノ酸の合成を肝臓が行なっています。

 

ウコンを摂取すると肝臓の働きが良くなるので、トリプトファンやセロトニンの効率的な生成を助けてくれ、うつ病の改善にも有効と見られるのだそうです。上手く活用することでうつを改善することも可能かもしれませんね。

 

 

更新履歴